コンセプト

ホーム  >  法人情報  >  ごあいさつ

代表あいさつ

経済社会の礎として誠実で真摯な姿勢を貫く。

写真

はじめまして。監査法人コスモスの統括代表を努めております太田修二でございます。
当法人は昭和63年6月に名古屋市に産声を上げた監査法人で、当初より名古屋と東京事務所において積極的な活動を続けております。 その後20年の日本経済の歩みは過去の日本人が誰も経験をしたことのない変化の連続でした。

私どもはこうした監査を取り巻く環境の変化に際して、一貫して監査の品質管理を最優先する姿勢を明確に掲げ、日本公認会計士協会に上場会社監査事務所として登録を認められ、 その地位を堅持しております。
こうした私どもと共に株式市場への公開を成し遂げた関与先企業様並びに市場関係者からは高い評価を頂いております。 また経済環境の国際化により海外の会計事務所とも連携を深めていく中で国際的な会計事務所のネットワークであるPrimeGlobalにも加盟をしております。
また監査の範囲の拡大に応じて公会計や財団法人に対する監査業務に対しても積極的な関与を深めております。
今後とも監査にこだわった監査法人として経済社会の礎となるべく研鑽を深めてまいります。
どうか皆様方のご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

パートナー紹介

  • 太田修二(代表社員・統括代表)

    写真

    会計士になって平成24年で30年になります。50数年前に幼稚園の庭先で桜の花びらを数えていたころには、こうした職業に就くことは夢にも思いませんでした。 また会計士になったころには現在の監査をとりまく状況を想像することはできませんでした。
    しかしいつまでも初心を忘れずに、職業会計人として知識を修得し、人の和を大切にし、不断の努力で監査法人組織の前進を心掛けたいと存じます。

  • 富田昌樹(代表社員)

    写真

    監査法人コスモスに入所以来、金融商品取引法監査、会社法監査、税務、財務に係る様々なコンサルティング業務を経験させていただきました。 私は職業会計人として、法定監査においては社会の付託に応えるべく適正開示の番人として、コンサルティング業務においてはクライアントと共に歩むパートナーとして、日々精進して参りたいと考えております。

  • 新開智之(代表社員)

    写真

    主として中小・中堅会社のIPO(株式公開支援)に注力しております。 また、監査事務所の品質管理には十分に配慮をし、クライアントの皆様に信頼していただけるような体制の構築を心懸けています。 コスモス(宇宙)の社名の通り、無限の可能性を求めて、継続して組織の「心・技・体」のバランスのとれた成長を図っています。

  • 小室豊和(社員)

    写真

    監査事務所・監査業務の品質管理に十分留意しながらクライアントから信頼される監査法人を目指していきたいと考えています。
    「初志貫徹」をモットーに、職業会計人として、日々成長する気持ちで常に知識の習得に努め、コミュニケーションを大切にして取り組んでいきたいと思います。

  • 相羽美香子(社員)

    私が監査法人コスモスに入所して以降においても、企業を取り巻く経済環境は大きく変化し、それに伴い会計監査に関する環境も変化し続けています。
    しかし、このような変化の時だからこそ、初心を忘れず、基本に立ち返ることを心掛け、クライアントの健全な発展と持続的成長の一助となれるよう、日々努力していきたいと思います。

  •  櫻井真由美(社員)

    私が監査法人コスモスに入所してから約10年が経過しました。
    まだまだ経験も浅く、未熟ではありますが、年齢や役職にとらわれずに公正不偏の態度を保持することを常に心掛けております。
    近年、女性の活躍による経済社会の活性化が期待されています。私もその一人として日々邁進してまいります。

Back to Page Top