自分らしく働ける環境で、オンもオフも充実。可能性を開花させるチャンスです。

ホーム  >  採用情報  >  職員紹介

大手での経験を生かし、現場を動かす醍醐味を実感。

大手監査法人で7年間勤務しました。ここで経験できる仕事は概ねなくなったと判断し、上場準備会社に転職して経理や総務の責任者として1年勤務しました。しかし業績悪化のために、再度の転職を余儀なくされました。その時に、当法人を知り、これまでの経験を生かして、被監査会社に役に立つ仕事ができるのではと感じたことが入社の決め手です。現在は上場会社や上場準備会社における監査での主任業務がメインです。被監査会社を訪問し、決算書のチェックや指導、会計処理業務に関しての相談窓口となり、監査上のあらゆる問題点を解決していくことが私の役目です。当法人の場合、被監査会社は中小企業が多く、特に上場準備会社に関しては、事前準備という意味で我々の腕次第で上場の可否が決まる事が多いです。もちろんその分大変ですが、被監査会社の願いを叶えて喜んでいただけることが、何よりのやりがいに繋がっています。

取引所の鐘の音が仕事のモチベーションになる。

上場を希望する被監査会社を監査した場合、現況では困難と判断を下さなければならないことがあります。この一言を伝える時が一番辛く、自分の無力さを感じる時です。一方で初めて担当した会社の上場を支援し、実際に東京証券取引所の上場セレモニーに呼んでいただき、鐘を鳴らすシーンに立ち会ったのですが、あの時の感動は忘れられません。その後、上場する度に耳にするこの鐘の音が、次へのモチベーションになっています。これからも一社でも多くの中小企業を新規上場へと導き、近い将来、当法人のパートナーとなり、監査報告書に署名できる責任のある立場に身を置くことが目標です。当法人は、自分の意見を自由に言える社風です。またその意見について率直に議論できるところが魅力だと感じています。よい考えであれば、どんどん法人運営にも取り入れてもらえます。そういった意味で、自分の目指すキャリアップを実現できる環境であることが大きな魅力です。

今、勢いのある監査法人で、理想的な就業環境。

昨今、監査環境が変化し、上場の基準が厳しくなってきているために、新規契約を手控える監査法人が多い中、当法人では、私だけでも今年新規に数社の上場準備会社が増加。勢いのある監査法人です。大手監査事務所の場合は、ある程度業務のやり方がシステム化されており、一見するとやりやすいように感じます。しかし実は、ひとつとして同じ企業はないため、融通がきかずに、かえって時間がかかるという経験をしてきました。その点、当法人ではすべて被監査会社ごとに担当が判断して、効率のいいやり方で進めていきますので、業務のスピード感は驚くほどです。無駄がなくなったことで、新しい上場準備の案件も数多く受けられ、その分より多くの経験もできます。さらに、よほどの繁忙期以外は定時で帰宅し、プライベートも充実させることができ、働きやすい環境だと言えます。この仕事の魅力は、若い時から企業のトップの方々と会って、コミュニケーションを図ることで、人として多くを学べることだと思っています。ぜひここで一社でも多くの企業と出会い、多くを学び、人生の糧にして欲しいと思っています。

職員紹介一覧へもどる

ページトップへ